banner

補助金のこと

株式会社設立するなら知っておきたい補助金のこと

株式会社設立をして起業するなら、補助金について知っておいて損はありません。自己資金や銀行からお金を借りるだけでなく、補助を受けられるケースが複数あります。株式会社設立に伴う補助は多数ありますので、事業に合わせて選択します。

補助金、助成金ともいいますが、これらには返済の義務がありません。もらえるお金です。国や地方自治体が地域活性化のために支給しているのです。

といっても、国や自治体の予算には上限がありますので、必ず補助してもらえるとは限りません。ですが、助成金は条件さえ整っていれば必ずもらえます。

種類が複数ありややこしいので、別に費用がかかってしまいますが、専門家である社会保険労務士に相談すると手続きをしてくれます。

ここでは補助金の種類について大まかに説明します。
まず、新しく事業を行い、株式会社設立を考える中小企業に向けての補助があります。これらは起業しようとする計画段階から相談にのってくれたり、セミナーを紹介してくれます。
一般的には、相談にのってくれるのは自治体から委託を受けた銀行であることが多く、株式会社設立後のことも相談にのってもらいやすくなります。

そして株式会社設立後、新たに人材が必要になることがあります。そのための補助もあります。
人材を募集するにはお金がかかります。
ハローワークなら無料ですが、現実的には人材はなかなか集まりません。求人広告を出し、大卒の新社会人を求めると、1人あたり100万円かかるとも言われています。さらに彼らの研修時代はコストだけがかかってしまいます。その研修期間のための補助です。

また、社内でのキャリアアップに補助がでることもあります。売り上げが減少し、何とかしたいけれどお金も時間もない人のために補助してくれるわけです。ただし、三ヶ月間を平均すると10%も売り上げが落ちてしまっている場合、という条件があります。

さらにこれと似たものに、社内の人材に対する能力開発への補助もあります。その他にも、地方自治体によって異なるサービスを提供してくれます。多いところでは、ホームページを制作する費用を補助するというようなものです。

ただし、注意が必要なのは届け出には正確を要する点です。

ただ申請すれば補助して貰えるというものではなく、例えば会計帳簿を添付資料として要求されたり、労働者の名簿や出勤簿などの書類を整える必要があります。もちろんですが、税金を納めてもいないのに補助金を受け取ることはできません。

Copyright(c) 2017 会社設立の相談先ってどこがいいのか知っていますか? All Rights Reserved.