banner

会社の規定「定款」

株式会社設立の流れと会社の規定「定款」

株式会社とは、株式を発行し、それを投資家に買ってもらうことで資金を集め、そのお金をもとに運営をしていく会社のことです。この会社で利益が上がれば、株式を持っている株主には、配当が与えられます。

この株式会社設立のためには、さまざまな手続きをしなければなりません。特に、「定款」と呼ばれる、会社の規定は、会社の基本的な事項を決めたものなので、しっかりと検討しなければなりません。
株式会社設立にあたっては、まず、社名を決めなければなりませんが、このとき既に登記されている別の会社があると、使えなくなってしまうので注意が必要です。

つぎに、会社の基本的な規定である「定款」の作成に入ります。

項目は様々で、会社の規模によっても変わってきますが、会社の商号、事業目的、発行可能な株式数、株式会社設立時の株式発行総数、そのときの1株あたりの値段、発起人が持つ株式数、資金を払い込む金融機関名などです。

定款が決まったら、書類を整え、公証役場で認証をしてもらいます。

認証には、株式会社設立の発起人の印鑑証明書が必要になります。あらかじめ取得してから、認証に臨んで下さい。印鑑証明書は、市役所ですぐ発行してもらえます。

認証には、他にも費用がかかります、紙での認証の場合、定款認証代が50,000円、印紙代は40,000円、謄本代が大体1,000円くらいになります。

電子定款の場合であれば、印紙代は不要です。また、謄本は登記の申請の際に必要になるので、ここで忘れずに取っておかなければならないものです。これは行政書士や司法書士に代行してもらうこともできます。

次に、会社の印鑑を作ります。最低限必要なのは、会社社長個人の実印、会社の実印、それから会社の銀行印です。これは町のはんこ屋さんでも作ってもらえます。

しかし、出来上がるまで1週間くらいかかってしまう場合も多いので、余裕をもって注文しておくとよいです。事業を運営していく上では、このほかにも様々な印鑑が必要になる場合もあります。

出資金を金融機関の口座に入金したら、その預金通帳のコピーと、金融機関から発行してもらった「残高証明書」を用意します。発行代は機関にもよりますが、500円から1000円程度です。

このほかに、代表取締役を選定したことを証する書面や、会社の印鑑届など、必要な書類が全て準備
出来たら法務局に行き、株式会社設立登記申請書を提出して、審査を受けます。申請時には登記印紙代として150,000円がかかります。

これで認められれば、ようやく株式会社設立となります。この後も、税務署等各所へ届出を提出することを忘れはいけません。

Copyright(c) 2017 会社設立の相談先ってどこがいいのか知っていますか? All Rights Reserved.