banner

司法書士に相談

株式会社設立は司法書士に相談する

これから株式会社設立を検討している人は何かと手続きが必要です。忙しい中、設立に向けて今のビジネスと併用して、その手続きを進める必要がありますから大変です。

そして株式会社設立の際は費用が手続きには必要となりますので、素人で何も知らない人だと、何にいくらくらいの費用がかかるのか、それを把握するところから始まるでしょうからとても大変です。
そこで円滑に設立を目指すために相談をする場所があります。それは司法書士事務所です。

司法書士事務所に相談をすれば円滑に話を進めてくれますし、わからないことの相談のアドバイスにをしてくれるだけでなく、株式会社設立代行や手続きの代行などを行ってくれます。
設立総額は大体25万円前後ですが依頼することで4万円節税できます。その理由は電子定款作成にすることで4万円節税につながるからです。

これは一人では用意できないものであり司法書士などに作成依頼をしなければいけませんが、報酬を含めたとしてもかなりの額を節約することができるのでお勧めです。

依頼した場合の手続きの流れですが、司法書士に株式会社設立に当たり会社の内容を確認してもらいます。

その後書類作成、押印、公証人定款認証、そして銀行振り込みの後登記申請という流れになっています。自分たちで用意をする書類は発起人の印鑑証明書、取締役、代表取締役の印鑑証明書などが必要です。

司法書士側で用意してくれる書類は発起人決定書、代表取締役選定書、就任承諾書、資本金証明書、振込みがあったことを証する書面、委任状、印鑑届出書、印鑑カード申請書、登記申請書などです。
これらの書類は自分で用意するもの、用意してもらうものを含めて会社設立時に一般的に必要となる書類です。

忙しくて依頼する事務所に出向けないという人もいるかと思いますが、株式会社設立設立登記に関しては行かなくても郵送で書類をやり取りして手続きをすることもできますので、忙しい人でも依頼する方法はあります。

事務所によって設立費用の価格設定が違います。価格で選ぶのではなくて実績や事務所スタッフなどをよく見て選ぶことが重要です。

事務所はいろいろありますが会社設立に関して実績がある事務所もあれば、実績がないけれど行うことは可能であるというレベルの会社もありますから、その点は依頼前によく見極めておく必要があるでしょう。
この見極めを間違えてしまうと、依頼して時間もお金もかかったという失敗につながりますので注意しましょう。

Copyright(c) 2017 会社設立の相談先ってどこがいいのか知っていますか? All Rights Reserved.