banner

弁護士へ相談

株式会社設立に向けた手続きは弁護士に相談

株式会社設立は手続きが多く大変ですが弁護士に依頼すれば、スムーズに設立に向かいます。
会社設立をしたいと思っている人に、会社設立向けのサービスを事務所もいろいろ用意しています。

弁護士事務所によってはこれまでに2000社以上の株式会社設立の手伝いをしてきた実績を持っているところもありますので、実績がある事務所に依頼すれば安心です。

設立日指定ができる事務所とできない事務所がありますので、その点はよくチェックしておきましょう。
また弁護士だけでなく、会計に心強い税理士が事務所にいる場合もありますので、その場合は一貫して依頼することができるのでメリットは大きいでしょう。

登録申請までしっかりとサポートしてくれますし設立してからのサポートしてくれる事務所に依頼すれば安心です。これまでの実績の数が多いということはそれだけスムーズに設立につながることになりますので、依頼するなら実績の多いところを選びましょう。

そして会社設立に関して設立日の指定ができるかどうか、これは会社設立日は登記申請をした日というのが一般的ですが申請を、希望の日に行ってくれる事務所もあるので、日のいい大安に行う、記念日など自分たちで好きな日を設定できることもあります。

そして顧問税理士についてはまだ考えていない人もいるかもしれませんが、株式会社設立に関しては税に関係するわからないことも出てくるでしょう。

弁護士で解決できることもあれば税理士に相談をしたほうがいいこともありますので、同じ事務所内に税理士がいる、または提携している税理士事務所があるというところに依頼すればさらにスムーズに話を進めることができます。

登記が法律上行うことができない行政書士事務所の会社設立サービスにおいては法務局に、登記申請は自分で行かなくてはいけないことがあります。
その場合も弁護士事務所と提携している行政書士事務所があれば、登記申請までに無駄なお金をかけないで一貫して手続きを行うことができるのでいいでしょう。

一人で株式会社設立の手続きを行うのはとても大変なことですが、それを代行して、手続きについて不明なことがあればそのつど教えてもらえるというのはとても円滑な株式会社設立に向けての準備ができます。

また、会社を設立する場合は定款を作成しなければいけませんが、最初に作った定款には印紙税に4万円の収入印紙を貼る必要があります。この4万円を節約することが可能です。電子定款を利用すれば節約できます。

Copyright(c) 2017 会社設立の相談先ってどこがいいのか知っていますか? All Rights Reserved.